본문 바로가기
HOME> 논문 > 논문 검색상세

논문 상세정보

일본연구 , 2003년, pp.381 - 398  
본 등재정보는 저널의 등재정보를 참고하여 보여주는 베타서비스로 정확한 논문의 등재여부는 등재기관에 확인하시기 바랍니다.

女性의 言語行動을 통해 본 韓日 兩國語의 敬語의 特徵 - 결혼 후 가정에서의 언어행동을 중심으로 -
Women's linguistic behaviour in Japanese & Korean

한미경 
  • 초록

    本稿では家庭における女性の言語行動を通して日韓??の敬語行動の決め手になる?件は何かについて考察してみる。特に結婚によって結ばれた親族?係における女性の言語行動を中心に考察する。 一般に日本語は性差が形態上に現れている言語で、韓?語は性差があまり現れない言語といわれている。しかし、言語行動上に現れる性差は日本語より韓?語のほうがはっきりしている。韓?語の敬語は絶?敬語、日本語の敬語は相?敬語と言われているし、?際の言語使用をみても敬語使用の基準になるのは韓?は年?などの決められた?件であり、日本語は相手への配慮が優先する。 韓?では結婚した男性は結婚前と言葉遣いにあまり?りがないのだが、女性は夫の家庭のしきたりによって生活するようになり、家族の中の夫の地位に合わせた言語行動をしなければならない。一般的に韓?語の敬語使用の基準は年?であるが、家庭?では年?に優先して夫の地位が問題になる。これに?し、日本の結婚した女性は家庭?の夫と兄弟との上下?係も考慮するがそれは絶?的な基準にならず、相互尊重の言語行動をし心理的な親疎?係にも左右されているようだ。 結婚した女性が夫のことを姑、舅の前で話題にするとき、夫をどう呼ぶかは??語の敬語の特?をよく表してくれる。韓?では?親の前では夫のことを崇めることはあり得ないことで低めて?親に謙?の意を表さなければならない。日本語でも?親に敬意を表すために言葉づかいを選ぶわけであるが、夫を自分側の者として呼び捨てにし?親に謙?の意を表すか、?親側の者として 「さん」 をつけて敬意を表すかどっちかにするのである。逆に?親は嫁の前で息子のことに 「さん」 をつけていうか、呼び捨てにするかのどっちかにする。どっちにするかは人によって意見を異にするのだが、?と外という相?的な?念が家庭?の敬語の使用にまで影響していることがわかる。 このように韓?の女性は決められた?件を基準として家庭?で絶?敬語的な言語行動を行い、心理的な親疎?係はあまり表に立たないのであるが、日本の女性は決められた絶?的な?件よりは??外という?念や心理的親疎?係にもとづいた相互尊重の言語行動を行い相?敬語としての面を見せている。


 활용도 분석

  • 상세보기

    amChart 영역
  • 원문보기

    amChart 영역

원문보기

무료다운로드
유료다운로드
  • 원문이 없습니다.

유료 다운로드의 경우 해당 사이트의 정책에 따라 신규 회원가입, 로그인, 유료 구매 등이 필요할 수 있습니다. 해당 사이트에서 발생하는 귀하의 모든 정보활동은 NDSL의 서비스 정책과 무관합니다.

원문복사신청을 하시면, 일부 해외 인쇄학술지의 경우 외국학술지지원센터(FRIC)에서
무료 원문복사 서비스를 제공합니다.