본문 바로가기
HOME> 논문 > 논문 검색상세

논문 상세정보

일본연구 , 2008년, pp.183 - 202  
본 등재정보는 저널의 등재정보를 참고하여 보여주는 베타서비스로 정확한 논문의 등재여부는 등재기관에 확인하시기 바랍니다.

춘원(春園)과 소세키(?石) 초기소설에 나타난 여성상 비교고찰

윤혜영 
  • 초록

    本稿では、『無情』と『虞美人草』との女性描?と女性意識について分析し、相反する女性造形の原因について考えてみた。 まず『虞美人草』には漱石の描いた女性の中では珍しく丙午生まれで死を迎える藤尾が登場する。藤尾は?·外的に近代的な女性としての面貌を持っている。一方、恩人の娘であり「可憐」な花のような過去の女性である小夜子が登場する。二人の間で?んだ小野は結局小夜子を選ぶがこれが愛情のない「義理」と「責任」による選?であった。すなわち、藤尾と小夜子は文明と過去を象?する?念が作り上げた心理的な?化のない人形のようなキャラクタ?であると言えよう。また「尊い女」·「誠の女」として描かれる?子は暗い結婚?を持っている甲野と結婚する。漱石は小野と小夜子、甲野と?子の結合を通して近代文明社?の中で生きている人間の宿命的な悲劇をも暗示している。 『無情』には財産家の一人娘である善馨(ソンヒョン)と恩師の娘で過去の女性である英彩(ヨンチェ)が描かれている。善馨は外的には近代的な女性に見えるが、父の言葉に?って婚約するのを見ると過渡期を代表する女性である。しかし以降愛に目?めていく。暗澹たる?時の朝鮮を象?している英彩も自殺しようとするが汽車の中で偶然出?った新しい女性のピョンウクの?道?に?する批判を聞いて新しい生活のために留?を決心する。 こうした差は相違する時代背景と中年と?年という執筆年?の違い、?愛??によるものであろう。?ち、李光洙は無知で力のない朝鮮の人たちを?育させ、文明?へと導いていく?展的な女性像·?年像を提示している。一方、漱石は「道?心」を鼓吹して外面と?面が調和する近代化を追求したのであり、このような意?が女性を通して披瀝されているのである。


 활용도 분석

  • 상세보기

    amChart 영역
  • 원문보기

    amChart 영역

원문보기

무료다운로드
  • 원문이 없습니다.
유료다운로드
  • 원문이 없습니다.

유료 다운로드의 경우 해당 사이트의 정책에 따라 신규 회원가입, 로그인, 유료 구매 등이 필요할 수 있습니다. 해당 사이트에서 발생하는 귀하의 모든 정보활동은 NDSL의 서비스 정책과 무관합니다.

원문복사신청을 하시면, 일부 해외 인쇄학술지의 경우 외국학술지지원센터(FRIC)에서
무료 원문복사 서비스를 제공합니다.