본문 바로가기
HOME> 논문 > 논문 검색상세

논문 상세정보

일본학보 , 2009년, pp.221 - 236  
본 등재정보는 저널의 등재정보를 참고하여 보여주는 베타서비스로 정확한 논문의 등재여부는 등재기관에 확인하시기 바랍니다.

일본의 다도전통의 문화산업화 경향에 관한 현지조사연구

박전열 
  • 초록

    本稿は今日韓?と日本で社?的·?家的?心事である「グロ?バル時代の文化産業」のさまざまな領域のなかで、茶道の?統が文化産業にどのように?用されているかについての現地調査の報告である。 今日、日本の茶道は大事な?統文化として人?に愛好され、茶道を取り?く諸産業は文化産業の一部にもなっている。また、茶道の持つ?史性·物語性は文化産業の多くの部門に?用されている。また創作の素材(one source multi-use)としての效用性に注目しなければならない。 日本政府は文化産業を育成するために、豊かな感性を基盤にする諸?統文化を再評?し、?略的にも活用しようとしている。外?のソフトパワ?政策の展開と日本の?況を比べて?略的な??が必要であるこの頃、日本は「文化資源大?」という長所を活用しなければならないという目標を提示している。文化資源というのは現代文化はもちろん?統文化の中からも、現代化·産業化を通じて新しい魅力を産み出せると思っている。?統文化の領域に茶道が含まれることはいうまでもない。 日本の重要な文化的?統であると同時に、茶室や茶道具などの物を使うことによって具現される茶道は文化産業の素材(source)としても機能していることに注目される。茶道は?統文化の一領域でありながら、一方では日本の知的財産であると同時に、象?性を持って作られる茶道具は流通され???果を産む。また茶道に?わる物語は文化産業の特性である創作性をより豊かなものにし製品にも反映される。 自ら茶道を?しむこと日本人にとってアイデンティティ?を享受する手段にもなりうる。特に、茶道に?わる多くの?史、美意識、人物?承、幾多のエピソ?ドは文化産業の根幹を成す小?、演劇、映?、ドラマ、マンガ、音?、ゲ?ム、?告などの中に?用できる。それらは再解?されることもあり、歪曲されることもあるが、元のソ?スが多?な形で?用され、文化産業における創作性をより深いものにし、商品性を高める。 茶道がこのように多?な文化産業領域にソ?スとして活用される理由は次のように整理できよう。長年の?史のなかで蓄積された茶道の精神や茶道具あるいは茶道に係わる人物に?するエピソ?ドが創作過程に多?なソ?スになっているという点をあげることができる。茶室や茶道具などの物は??原理による工場生産品とは違い、?用性と象?性を兼ねる創造的な生産物で文化的?値が優先する。文化産業に素材として甦る?統文化の意味はなんであろうか。ここで、茶道?統のもつ物語性や点前の仕?たりが文化産業の??な領域で素材として?用される?例やそのプロセスに注目したい。


 활용도 분석

  • 상세보기

    amChart 영역
  • 원문보기

    amChart 영역

원문보기

무료다운로드
유료다운로드
  • 원문이 없습니다.

유료 다운로드의 경우 해당 사이트의 정책에 따라 신규 회원가입, 로그인, 유료 구매 등이 필요할 수 있습니다. 해당 사이트에서 발생하는 귀하의 모든 정보활동은 NDSL의 서비스 정책과 무관합니다.

원문복사신청을 하시면, 일부 해외 인쇄학술지의 경우 외국학술지지원센터(FRIC)에서
무료 원문복사 서비스를 제공합니다.