본문 바로가기
HOME> 논문 > 논문 검색상세

학위논문 상세정보

일고전문학을 통한 일본어 교육 : 설화문학을 중심으로 원문보기
日古典文學を 痛じる 日本語の 敎育:說話文學を中心に

  • 저자

    강영철

  • 학위수여기관

    신라대학교

  • 학위구분

    국내석사

  • 학과

    일본어교육

  • 지도교수

  • 발행년도

    2002

  • 총페이지

    ii, 93 p.

  • 키워드

    일본 고전문학 일본어 교육 설화문학;

  • 언어

    kor

  • 원문 URL

    http://www.riss.kr/link?id=T8948866&outLink=K  

  • 초록

    中等學校で日本語の敎育が始まった1973年以後に、日本語の敎育課程は言うこと中心、學習者中心の敎育を專ら提示していたのですが、敎育の現場での對應は敎育課程とは構わずに舊態依然たる敎授法に一貫されられて來たと言うでしょう。 國家中心の敎育課程が本來の性格が持つ限界を乘り越えて、學習者が中心になる敎育課程になるためには多樣な目標を設定して、現場敎育課程や敎材開發段階で目標を選擇することができる多樣性が用意されなければならないはずだし、このような舊態依然たる姿勢を早く脫皮しなければならない。 學習者に文學を敎えると言うことは學習者たちの體驗と言語によって形象化された作品世界との出會いを通じて豊かな想像力を育てることだが、これは美しい作品世界を體驗して行く過程で學習を經驗しながら習得するのだ。 經驗は個人によって違うから學習者の主體的の感想能力と再創造の發表能力を培うことを目標で文學作品を扱わなければならない。 我が國の古典文學の敎材を土台で講讀授業をするのにあってその內容は全般的に古典文學史、及び その時代の作家、登場作品の槪要、などに關する內容だけだ。 その時代を代表して學生にちに興味を付與することができる作品の內容、特に說話のような話し形式の內容を扱って、扱っている敎材はちょっと貧弱だと言えるでしょう。 そうだとすればこのようなことを勘案する時、古典文學硏究は從來の偏狹的である硏究よりは包括的に進行されなければならないし、時には口碑文學に對する硏究、など包括的で計劃的な硏究が必要だと思う。 このような包括的な硏究の進行が多樣な文學敎材を學ほうとする學生の慾求にかなう結果をもたらすでしょう。同じ問題ですが、本稿にて言及した古典に對する學部の學生たちの選好度において、敎科內容や學生たちに興味を付與して、授業に對した期待感、などを新たにつくることができる古典文學の現代化を通じる敎材開發などが後に從わなければならないでしょう。 それでは、いったい面白くて活氣に滿ちた授業をするかめにはどんな敎材とどのような方法を使わなければならないことか、これに關する答えは個人の特性、及び敎材の特性によってさまざまがあるものの、これが答(え)だと言える性質ではない。 では、古典說話話授業において、どんな古典說話を選擇するのが一番相應しいか。ここでは外國語の敎育において言語能力の伸張と學生たちの積極的な授業參加を得るために學生たちに新しい說話を通じる古典說話の敎材が學生たちの學習に役に立って、滿足するに値する成果をおさめることができると思う。古典說話を使う外國語學習の目的において學習者に說明明をする時、學習する說話作品やその背景に對してある程度の基礎情報をあらかじめ提供してくれることが便利だ。 これは學習の元元の目的を円滑にして學習者の興味を倍加させることができる方法でもある。そして內容的なモチベ-ションは學生たちの感性と知性を同時に刺激させて、力强くて效果的な方式で成り立たなければならないでしょう。 口語意思疏通は言うことと聞き取り、そして狀況が綜合される躍動的な過程だ。言うこと·聞き取りの敎育が私たちの日常での口語意思疏通の能力を高めるのに、一次的な目的を置いているし、その意思疏通が參加者の間の生を共有させて、說話を口演して聞く活動が口語意思疏通の能力の伸張をさせるという意味であることだ。 また、日本語の古典說話の學習の時にはその授業の目的を含んだ授業方針に對して具體的に說明をしてくれる必要があるし、これは說話を讀んで學習するどとが古典說話 硏究ではなくて、日本語を學ぶためのことなので說話の內容、すなわち使われられた日本語の表現に主意を傾けて讀みながら、授業の進行者は學習者なのを覺ますようにしなければならない。 本稿は日本の古典說話の敎育に對する本格的な論議が充分でない現實で說話を基盤とした日本敎育の方向を摸索して見たという点で意味がある。 現在、我が國の敎育の與件上、本格的な古典說話を利用した敎育に對する論議が不足な現實を勘案する時このような多樣な接近が必要で、またこんな試みが有效しようと判斷が立ったからでしょう。 しかし說話文學と利用した學習計劃案の開發に對するもうちょっと多樣な方案を提示することができずに周邊のみを見回したという点を惜しく思って、以後に機會があったらこの部分に對して活用の方案を硏究して見ることにする.


 활용도 분석

  • 상세보기

    amChart 영역
  • 원문보기

    amChart 영역