본문 바로가기
HOME> 논문 > 논문 검색상세

학위논문 상세정보

한·일·중 세 언어의 대체표현에 대한 연구 원문보기

  • 저자

    崔允禎

  • 학위수여기관

    韓國外國語大學校 大學院

  • 학위구분

    국내박사

  • 학과

    일어일문학과

  • 지도교수

    李寅泳

  • 발행년도

    2014

  • 총페이지

    162 p

  • 키워드

    대체표현 축약표현 확장표현 일본어 중국어 한국어;

  • 언어

    kor

  • 원문 URL

    http://www.riss.kr/link?id=T13538790&outLink=K  

  • 초록

    韓·日·中3言語における代替表現の一考察 : 構造的な側面と運用的な側面を中心に 本研究は日本語·韓国語·中国語に現れる代替表現について運用的な側面と構造的な側面に分けて考察した。構造的な側面では形式に基づいて縮約表現と拡張表現に区分して分析し、運用的な側面ではマクロ的な観点から代替表現を分類し、その特徴を調べてみた。 まず、第1章では本論文の研究目的、研究方法および意義、先行研究、最後に本研究の立場について論じた。代替表現のうち、原型より音節数が減ったり増したりした語形について漢字文化圈である日本·韓国·中国の言語に限定して調査し、分析対象としては基本的にドラマがベースだがインターネットや辞典なども活用した。構造的な側面のみならず人間の心理、文化、社会的な影響による代替表現も研究の範囲にいれるので運用的な側面も考察した。 本論では日本語と韓国語、中国語に分けて代替表現を研究した。第2章日本語に現れる代替表現のうち縮約表現には特殊拍の長音の脱落が観察され、基礎語彙の多い和語では他語種に比べ制限的であった。外来語は音韻体型の影響で音節数が多く、漢語は優れた造語能力のため複合語の生産性が高い。こういう構造的な特性が外来語と漢語の縮約を促したとみられる。 拡張表現の場合、話者の心理的な面が反映された特殊拍の挿入が圧倒的な割合を示し、そのなかでも促音挿入による拡張形の頻度数が高かく現れた。日本語は他言語より音節数も少なくて音韻体型も単純なので相対的に同音異義語が多いが語形の拡張させることによって問題点を補完した。和語の中では一音節の語形からの拡張表現がみられて漢語は語形の一部を訓読で代替した。 運用的な側面では見出し語、若者言葉、忌み言葉、差別語、美化語、慣用読み、幼児語から代替表現を抽出した。文字言語である見出し語は大衆に良く露出されているので日常のコミュニケーションで使われる様相が見られた。代替表現が良く使われる世代はやはり若者であり、彼らの特性がそのまま言語にも現れたと思う。忌み言葉は大事な行儀で禁じられている言葉であるが、仕事と関係のある用語からも代替表現を探すことができた。差別語の場合、社会的の少数者のことをけなし、蔑視する言葉を客観化した用語に代替した。美化語は話者の言語使用に上品を感じさせるための意図もあるが聴者に対する心遣いの行動でもあると思われる。慣用読みは誤用であるが社会的に通用される語形であり漢語から見られる特徴である。主に常用漢字からはずられた漢字から現れて、一番、安定的な4拍に増やす傾向が強い。幼児語は単語を繰り返したり「お」の添加した形をとり、幼児のみならず若い女性も使用することがある。 次の章では韓国語に現れる代替表現についてまとめた。母音の多い点と立体的な構造の持っているハングルの特徴は縮約の環境に非常にあう文字であると思われる。母音縮約、母音省略、子音母音省略現象の共通点は前の音節が開音節の語幹で後ろの音節が母音で始まる語形で起りやすく、省略された音節の終声は残された前の音節に移動して脱落された語形の類推を手伝う。コミュニケーションの過程から現れる普遍的な現象であり言語の経済性と発音の容易化による縮約表現であると見做される。日本語とは違って語句レベルからも多様な縮約形がみられており和語からも類似なことがあった点から韓国語の音韻体系は縮約しやすい構造的な特徴を持っていると思われる。また、外来語と複合語である漢語、外来語、混種語が多く現れたが、固有語からはあまりなかったことは日本語と同様である。 拡張表現では一音節から見られたので日本語の場合と同じ傾向を見せた。しかし、日本語は同音異義語の回避のために代替表現が生じたが、韓国語は話者の内面状態の表現意図で語形の代替が行われたのでその理由が異なる。多音節の拡張表現も同一の理由で語形の代替が行われて、特に長音化された語形は形態素を分離して音節を伸ばした。その点は韓国語の文字構造の活用した拡張類型であると思われる。 言語の運用的な側面からの代替表現は若者言葉、通信言語、見出し語、俗語、慣用的な同じ言葉繰り返し、差別語、オノマトペなどに分類した。若者は言語生活でも新しさや面白さを求めようとする欲求が原型と異なる語形使用によってある程度解消されたと思う。通信言語は文字言語であるが仮想空間でのコミュニケーションの手段であるので音声言語と似ているところが多く、空間上の制約で語形変化が頻繁に生じられる。見出し語は漢字文化圈である三国共に現れる言語現象で、漢語の優れた造語力が含蓄を要する見出し語に有利に作用した。俗語からの代替表現の場合、身体の一部分を示す単語から顕著に見られ、これらは基礎語彙に当たるので固有語が大部分である。話者の感情をより事実的に表現できることと視線をあつめる新鮮さが代替表現の得な点である。慣用的に同じ言葉の繰り返しは経済的な側面から見ると効率性が落ちるが、親しまれてない漢語に馴染んだ固有を添加することによって円満なコミュニケーションが可能になったと思う。差別語は主に職業と関連された語彙と身体的あるいは精神的に障害のあるものを称する語彙から代替表現が使われた。オノマトペでは原形が存在しているが語形の繰り返しが起こり表面的に音節数が増した類型が発見された。原形の意味と変りはないが語感に差違をみせている。リアリティが目立たれまるで現場にあるよう感じさせる。 最後に中国語における構造的な側面のうち縮約表現についてまとめた。多様な方式で中国語の二音節化が進行しているが、コミュニケーションの過程から省略される傾向が多く見られたことを今回の考察から知ることができた。談話の大部分は文で組み立てられるのである語形の一部分が脱落されても類推できるいろいろな装置が考案されていた。そういうわけであえて音節の長い原形を使って意志伝達する必要がなくなる。中国語は卓越な造語能力をもっており合成語の生産が容易であるが、それに同伴される長い語形の出現は言語生活に不便さを与える。なので中国語の母語話者は大衆性の高い語形の音節数を減らして言語の効率性を高めた。原形の音節数とは構わず二音節になった語形が相当の部分を示している点は中国語の特徴であるとみなされる。合音字は韓国語の音素の縮約と類似しているがその類型は多様ではない。なぜなら新しい文字の習得はみな母語話者の任務になるので心理的の負担が加重される。特定の文字の使用頻度数は相当なものだが限定的である。「儿」の添加は韻母に吸収されて語形の増加が生じたケースで、文法的な区分あるいは意味の具体化のために使われる。語形重複は中国語の拡張表現の代表的な現象であり、今回の分析からも確認することができた。拡張表現の代表である「儿」と「語形重複」は彼らの言語生活見逃がすことのできない類型であると思う。 運用的な側面では縮約語の語彙化、熟語、見出し語、若者言葉、忌み言葉、差別語に分けて分析した。まず、二音節縮約は一般語彙と形式的に似ており、造語能力も優れているので語彙化されやすく、大衆は音節の多い原形より縮約語の方をより好むので生じられた現象だと考える。中国の熟語は成語、慣用語から代替表現を研究した。熟語の特徴は形式的に固定的で、意味も含蓄である。固定的な形式の持っている熟語から音節の数に変化が見えたのは母語話者の使用率が非常に高いということが見当される。縮約語は外形のみならず意味も含意的なので見出し語としての最適な条件を持っている。また、大衆の接近性も良いのでコミュニケーションのところで直接利用されやすい。見出し語とおなじく若者言葉から現れた代替表現も韓国、日本の両国からもみられる言語現象であり、理念や国籍の異なる若者たちであるが既存の形式から脱皮しようとする性向は言語にそのまま現れた。忌み言葉は同音はむろん谐音関係である語彙さえ回避しようとする傾向が強かった。差別語からは障害者を称する用語から発見されているが職業と関わった用語は見つけられなかった。 以上、日本語·韓国語·中国語における代替表現について考察してみた。母語話者は正確のコミュニケーションが可能であれば最小限の力を使おうとする言語の経済性の原理にしたがって語形を選んでおり、縮約表現はその原則にふさわしい最適の類型である。漢語の複合語の縮約は漢字文化圈に含まれる三国共に現れた現象で、外来語の縮約は韓国語と日本語からの共通点であるが、相対的に単純な音韻体型がその結果をもたらした。中国の頭文字の縮約はみられたが頭音節は一つも見つけられなかった。語形変化は若者たちが好む類型であり、文字言語である見出し語が談話文でも使われていることが分かった。代替表現の特徴をみると、話者の主観的な感情表現のために日本語では特殊拍を添加し、韓国語では俗語を利用した。そして、中国語では語形の繰り返しで話者の内面の状態を表出した。もう一つは、聴者の立場を考慮して、配慮しようとする意図で代替表現が使用されたことが分かった。日本語の場合、構造的な側面からは、同音異義語がそれに当たり、運用的な側面では、差別語、美化語が挙げられる。韓国語の場合は、差別語と慣用的な同じ言葉繰り返しから観察されて、中国語では差別語から話者の気配りが感じられた。以上、日本語·韓国語·中国語における代替表現について考察してみた。


 활용도 분석

  • 상세보기

    amChart 영역
  • 원문보기

    amChart 영역