본문 바로가기
HOME> 논문 > 논문 검색상세

학위논문 상세정보

관광일본어 계열학과의 회화교육에 대한 고찰 원문보기

  • 저자

    김임숙

  • 학위수여기관

    한국외국어대학교 교육대학원

  • 학위구분

    국내석사

  • 학과

    일본어교육전공

  • 지도교수

    권경애

  • 발행년도

    2014

  • 총페이지

    66 p

  • 키워드

    관광일본어 관광일본어회화 관광일본어교육 관광일본어교육과정;

  • 언어

    kor

  • 원문 URL

    http://www.riss.kr/link?id=T13538889&outLink=K  

  • 초록

    観光日本語系列学科の会話教育についての考察 観光産業の発展に伴い、観光分野の専門教育課程で大学で多くの観光日本語系列の学科が開設されている。大学の観光日本語系列の学科の役割は、韓国の観光系列の仕事をすることの最高の排出機関としても過言ではない。しかし今まで大学での観光日本語系列の学科の教育課程が体系的に確立されていないのが現状である。本論文は観光日本語系列の学科の現状を調べて全国10大学の観光日本語系列の学科の教科課程を比較し分析してみた。教科課程の比較分析した結果、大学での観光日本語の教科課程を見ると、基礎過程を十分に履修していないまま深化過程と実務の過程が絡まれているという点を発見した。ある大学では1年課程で基礎過程と実務課程が含まれているなど、体系的でなかった教科課程の姿を見せる。本研究では大学の教科課程の分析を通じて効率的な方法を探して問題を解決することが急務だと主張する。 また、観光日本語系列の学科に通う469人の学生を対象にアンケート調査を実施して分析してみた。分析した結果教育の限界点と不足な点を見せてくれた。アンケート調査を通じて調べた結果、多くの学習者たちが会話の授業は段階別授業にならなければならないという。 これは大学での会話教育の限界を示していてまだ教材中心の教育が行われるということを立証する。多くの学習者は、現在の大学の教科過程に不満を表示した。最も大きなことはスピーキング中心の教育が行われるより読本、強毒、漢字などの科目が多いといわれる。つまり教材中心の教育が行われているからだった。これは実務中心の教育科程は距離が遠いといえる。次に段階別教育が行われていない点と基礎課程をおろそかに学習したまま中級、上級の段階で教科課程によって進行されて困難を表示している。今までの教科課程の比較、分析やアンケート調査、実態研究を通じて効果的な案をいくつか提言してみる。 最初に、観光系列の仕事をする人に最も要求されることはコミュニケーションの問題だ。 二番目に、観光日本語教育の会話の授業は段階別授業にならなければならない。 三番目に、観光日本語教育は一般の日本語教育学科の教育と差別されて観光マインドが内在されている実務的な日本語教育が十分に行われなければならない。 以上のように、本研究では様々な角度から観光日本語学科の教科課程と学生たちのアンケート調査を通じて、観光日本語教育の実態を把握して分析してみた。 本論文はまだ解決しなければならない課題が少なくない。大学の体系的な教科課程を通じて専門観光人を輩出することが目標であり、今後の残した課題でもある。


 활용도 분석

  • 상세보기

    amChart 영역
  • 원문보기

    amChart 영역